東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

ダンロップフェニックス、市原弘大選手が逆転優勝!

2018_11_19_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン らくらくレッスンプラザ北浦和校担当の玉木です。

そろそろ師走という文字も頭に浮かぶ時期となりました。これから、ゴルフシーズンも終盤となり、いよいよ紅葉を迎えます。これからゴルフ場では、楽しいプレーと、素晴らしい景色を十分に堪能していただきたいと思います。
ご注意いただいきたいのは気温ですね。今週に入って気温が少し下がっています。
師走を前に風邪など引かぬよう朝晩は暖かい格好をするなど、十分に気を付けていただきたく思います。

さて、国内男子ツアーは「ダンロップフェニックストーナメント」が、宮崎県のフェニックスカントリークラブで開催され、初優勝がかかった堀川未来夢選手は、最終ホールをタイで迎えながらボギーとし、市原弘大選手が5打差を逆転し、今期初優勝から早くも2勝目を飾りました。
この日驚異的なスコアで逆転劇を演じた市原弘大選手ですが、こんなに素晴らしい選手が今まで優勝できなかったことを考えると、優勝することの難しさと、今まで積み重ねてきた基礎の大切さを大いに感じています。
2週続けての国内参戦で、大ギャラリーを集めた松山英樹選手でしたが、残念ながら無念の結果となりました。
長年連れ添った進藤キャディとの専属契約を解消し、来年より新たな相棒を探す松山英樹選手ですが、これを機に、更に進化した松山英樹選手の姿が来年のツアーにあることを大いに期待しております。

国内女子ツアーでは「大王製紙エリエールレディスオープン」が、エリエールゴルフクラブ松山で開催され、1打差に何人もひしめく大混戦の最終日でしたが、3日目に素晴らしい追い上げをみせた勝みなみ選手が、最終日も圧巻のプレーで念願のプロ初勝利を笑顔で飾りました。
今大会で女子ツアーの賞金女王は、アン・ソンジュ選手に決定し、残念ながら日本選手の獲得はなりませんでしたが、シード50人の選手の平均年齢は26.4歳と、従来の記録を更新したようです。
アマチュア選手の活躍も目立った今年でしたが、ますます女子ツアーの盛り上がりと進化は、来年も留まりそうにありません。

 

 

 

 

2018_11_19_tamaki_2.jpg【今週の写真】

通勤途中の畑には、柿とみかんが沢山実をつけています。
柿は今が旬。みかんはこれから旬を迎えますが、季節の変わり目を大いに感じています。

 

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031