東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

クラブヘッドの重心がスイングに与える影響

2018_11_19_suganuma.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン リバティヒルクラブ ゴルフアカデミー担当の菅沼です。

だんだんと冬が近付いてきた事を感じる季節になりました。
紅葉も進み、街中でも落ち葉の絨毯が見られるようになりましたね。
ゴルフをプレーする上では暖冬が望ましいですが、今年はどんな冬になるのでしょうか?

さて、日本女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」がエリエールールGC松山で行われ、勝みなみ選手がプロ転向後初優勝を果たしました。
15才のアマチュア時代にツアー優勝をした勝みなみ選手でしたが、なかなか2勝目に手が届きませんでした。
この勝利をキッカケに、更なる飛躍を期待したいですね。

 

 

 

 

2018_11_19_suganuma_2.jpg【今週の写真】

前回からの続きです。
クラブヘッドの重心がグリップの延長線上に無い為、スイングにどういう影響を与えるか考えていきましょう。
クラブヘッドの重心がグリップの線上の前方右側に位置します。このため、スイング中にバットよりも先端が回転する力が大きくなります。
この回転は、ヘッドスピードを上げ飛距離を伸ばす事に寄与します。
まずここが、ゴルフクラブの形状的な利点になります。
重心がグリップの延長線上にあるクラブで打つと、10%程度飛距離が落ちます。

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031