東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

ゴルフルール改正

2018_12_10_suganuma.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン リバティヒルクラブ ゴルフアカデミー担当の菅沼です。

寒暖差が大きく、体調管理が大変な日々が続きますね。
この冬は暖冬の予想で、ゴルフ場でのプレーには有難いことです。しかしながら、枯芝でのゴルフはプレーが難しい部分も多いので、しっかりと対策を取りましょう。

さて、来年はゴルフルールの大幅な改正があります。
例年、オリンピックイヤーにルールの改正があるのですが、2020年の東京オリンピックでのゴルフ競技に合わせて、早目にルール改正をしたようです。
この改正が、ゴルフ人口の増加に繋がる事を望みます。

 

 

 

 

2018_12_10_suganuma_2.jpg【今週の写真】

前回、ゴルフクラブの重心位置の関係で、まずバックスイングからトップまでにクラブフェイスがオープンフェイスになりやすと話しました。
では、オープンフェイスになるとスイングにどういう影響を与えるかを考えていきます。
まず、当然ながらオープンフェイスのままスイングすると、インパクト時にフェイスが開き右に飛びます。
初心者の場合、多くがこのパターンになります。
しかしながら、練習を重ねるとトップでオープンフェイスでも、ある程度真っ直ぐ飛ぶようになる事が多いのです。しかし、ここに大きな問題があります。それはまた来週。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930