東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

連載20 「ドライバーはボールを正面から見て構えるとスライスする」

連載20 「ドライバーはボールを正面から見て構えるとスライスする」

Q:アドレスで右肩が前に出て上体が開いているといわれます。右肩がかぶって左肩が開いているためにバックスイングが外に上がり、カットしてスライスしたり左に引っかかったりするのだというのです。右足を引いてスタンスをクローズにしてもショットはよくなりません。

 A:スタンスをクローズにしても上体を開いている人が多いのは左足かかとの前に置いたボールを正面から見ようとするためです。それで頭を左足のほうに構えているために右肩が開くのです。右ひじが伸びて左ひじが引けるのもそのためです。ボールの位置に関係なく頭はスタンスの真ん中に構えます。スタンスの真ん中に構えても右手が下になり右肩のほうがやや低くなる分、頭は本当はやや右足寄りにくるぐらいのほうがよいのです。右手に力が入ったときにも右ひじが突っ張って右肩もかぶるので左肩が開いて左ひじが引けます。右ひじが伸びて左ひじの上になると上体も開きます。右手はできるだけ柔らかく持つようにします。右手の親指と人指し指はシャフトに軽くあてがっておくだけにします。グリップはどのくらいの強さがよいかというとクラブを持ち上げたときの力加減がちょうどよいのです。クラブを持ち上げたときのグリップなら力が入らずクラブの重さも感じ取れます。目標方向を見ているうちに右肩が出て上体が開いていることがあるので、左肩を閉じるようにして両肩の目標ラインを目標線よりやや右に向けておくぐらいのほうがよいでしょう。目標を決めたらボールの先に何か目印になるものを見つけ、それにフェースを合わせてスタンスをとるようにするとよいといわれます。だけども前方だけ見て構えると右肩が前に出て上体が開くので、ボールの後方にも何か目印を見つけるとよいのです。ボールを挟んで前後に目印を見つけ、そのラインに対して両肩を平行に構えるわけです。これなら右肩は前に出ないので上体を開かずに構えることができます。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930