東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

連載9 「バックスイングに違和感を覚えたらイスに座ってみろ」

連載9 「バックスイングに違和感を覚えたらイスに座ってみろ」

Q:バックスイングする時に手をインサイドに引き過ぎているとよくいわれます。そのために右ひじが引けてトップが窮屈になるのだから、もっと真っ直ぐ上げたほうがよいといわれます。でも真っ直ぐと思うと今度は外に上がるような気がします。

 A:インサイドに引き過ぎている人が確かに多いかもしれません。あれこれと手の動きを考えてもトップの位置が定まらず迷うだけです。手の動きより大事なのはクラブのヘッドをどこへ上げるかです。外に上がったりインサイドに引き過ぎたりする人にはまずイスに座ってもらいます。それで、「ヘッドをここへ上げてください」とヘッド上げる位置を指示すると、それだけでスイングプレーンに沿って上げられるようになります。イスに座ってボールにアドレスします。それでだれかにボールのところから右肩に向けてクラブを斜めに傾けてもらって、シャフトの延長線上にクラブヘッドを上げるようにします。そうすれば外にも上がらず、インに引きすぎるということもなくなり、スイングプレーン通りに上がるようになります。立って普通にアドレスしたら、手とか腕の動きは気にしないで右肩に向かってヘッドを上げてみてください。ボールを投げるようなつもりでヘッドを上げてやるのです。右ひじを引かないようにしようとか開けないように下に向けておこうとか、あるいは左ヒジを曲げないようにしようなどと途中の動きを考えてもバックスイングは決してよくなりません。前腕ではなく上腕から始動したら、後はヘッドを右肩に向かって上げてやるだけです。そうすれば左ひじが折れたり右ひじが逃げたりもしなくなります。左ひじが折れ曲がるのは前腕から上がるためです。ヒジから下が前腕、ヒジから上は上腕です。前腕ではなく、左腕の上腕部(ヒジから上)から始動すると左肩もついてきます。それでシャフトが地面と水平になるあたりから手首をコックし、前腕を使って右肩に向かってヘッドを上げてやるのです。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930