東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

連載8 「トップで右ワキが大きくあくのは右手のかぶせすぎが原因」

連載8 「トップで右ワキが大きくあくのは右手のかぶせすぎが原因」

Q:バックスイングのトップで右ワキが大きくあいて8の字を描くクセがなかなか直りません。ドライバーはスライスが多く、左に引っかかることもあります。クラブを振りかぶってオーバースイングになるのも右ワキが大きくあいてしまうためだと言われます。

A:右手をかぶせすぎてグリップしているのではないでしょうか?右手をかぶせて握ると右ひじが突っ張り、バックスイングで手首をうまくコックできずに力が入り、右ワキが大きくあいてしまいます。手をだらりと垂らすと左手のこぶし(ナックル)がそのまま左手は2つのこぶしが見えるようにグリップします。そうして左手のグリップを決めたら、それに合わせて右手をグリップします。両手のひらを向き合わせて握ることが大事なので、左手をかぶせ気味にした分、右手はやや開き気味にグリップします。そうすると右手の親指と人差し指のⅤ字は右肩を指します。右手をかぶせてⅤ字を左肩のほうに向けて握ると右ひじが窮屈になり、コックもできないのでトップスイングで大きくあいてしまいます。右手を開き気味にグリップすると右ひじを内側に向けて曲げておけるので、バックスイングで柔らかくたたむことができます。これなら右ひじをあけずに体の近くで下に向けておくことができます。棒を持つときのように右手を手のひらで持ったときにも力が入るのでトップで右ひじはあきます。右手は中指と薬指をシャフトに引っ掛けて、人差し指と親指で軽く挟むようにします。右手は指で握っているのでトップスイングで左手を離すとヘッドの重さでだらりと垂れ下がります。人差し指と中指でシャフトを軽く支えているだけで、手のひらはクラブから離れます。トップで左手を離したとき、右手のひらがクラブから離れずにヘッドが垂れなかったら手のひらで握っているためです。これでは右ひじにも力が入るので大きくあいてしまいます。

 

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930