東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

連載6 「ボールをたたくエンジンはあくまで右手」

連載6 「ボールをたたくエンジンはあくまで右手」

Q:左手はハンドル、右手はアクセルとよく書いてありますが、具体的に両腕をどういうふうに使ったらいいのか分かりません。右手に力が入り過ぎるので左手で振るくらいの気持ちでちょうどよいとよくいわれます。しかし左手で振るとスライスし距離も出ません。

 A:左手のリードが大事だといっても右手は使ってはいけないという意味ではありません。ボールを遠くへ飛ばすには右手を生かすことは不可欠なので、大事な のは両腕の使い分けです。私は両腕をプラスとマイナスに分けて教えることにしています。ヘッドスピードを出す必要のないパッティングとアプローチでは両腕 をプラスとプラスにして使っても良いのです。ところが、フルスイングをするときに両腕をプラスとプラスにして使うとけんかし合うのでヘッドを振ることは出 来ません。フルスイングするときは両腕をプラスとマイナスに分けて使わないと右手を生かすことは出来ないのです。バックスイングでは左手がプラス、右手は マイナスになります。ダウンスイングでもまだ左手がプラス、右手はマイナスです。そうして、インパクトに近づいて手首のアンコックが始まるあたりから、右 手がプラスに変わり、左手はマイナスになることが大事です。バックスイングからダウンスイングは左手がプラスで右手はマイナス、インパクトエリアからフォ ロースルーでは右手がプラス、左手はマイナスというふうにうまく入れ替わればヘッドがよく振れるので遠くへ飛ばすことが出来ます。プラスとマイナスの切り 替えがうまく出来る人は体が小さくても力がなくてもゴルフは飛ばし屋になれるのです。一般にバックスイングとダウンスイングで右手がプラスになる人が多い からボールはあまり飛ばないのです。バックスイングとダウンスイングで右手に力を入れずに左手に主導権を持たせ、インパクト直前からフォロースルーでは左 腕に力を入れずに右手で振り抜いていけばよいのです。左手でリードしようとしてフォロースルーで左腕に力が残っていると右手を生かし切れないので逆効果で す。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930