東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

連載3 「アプローチ3種伝授」

連載3 「アプローチ3種伝授」

Q:アプローチにはピッチショット・ピッチエンドラン・ランニングの3つがあるといわれていますが、それぞれの打ち方とクラブの使い分けを教えてください。

 A:ボールを高く上げてピンの近くに落とすのがピッチショット、低い弾道でピンの手前に落として転がすのがピッチエンドラン、初めから転がして寄せるのがランニングと分けられているけれども、まったく違った打ち方をしているわけではありません。ボールの高さと落ちてからの転がり方は違っても、それぞれに特有の打ち方があると考えるとアプローチは難しくなります。ピッチエンドランがアプローチの基本で、ピッチショットはその応用です。ボールの位置を変えれば同じクラブで同じ打ち方をしても弾道の高さは違ってきます。左足を引いて軽いオープンスタンスにし、左足に体重をかけて左サイドを軸にして打つのがアプローチの基本。ピッチングウェッジを使ってボールの位置を変えて打ってみてください。スタンスの真ん中あるいは、やや右足寄りにボールを置いて手をヘッドより前(左)に構えるとフェースが少し閉じてピッチングウェッジが9番アイアンと同じくらいのロフトになります。それで左足に体重をかけたまま打つとボールはあまり上がらず、落ちてから転がります。ボールをもっと右に置いて手を左に構えるとピッチングウェッジが8番アイアンに近いロフトになるのでボールはさらに低く出ていって転がりも多くなります。打ち方は同じでもボールを真ん中あるいはやや右足寄りに置けばランニングというようにボールの高さと落ちてからの転がる距離も違ってくるのです。オープンスタンスでボールを左足寄りに置けば、打ち方は同じでもピッチングウェッジのロフト通りにボールは高く上がります。状況によってクラブを使い分けるよりピッチングウェッジ1本でボールの位置を変えるほうがアプローチはやさしくなります。

左サイドを軸にして打つのはどれも同じ

  • 左足前にボールをセットすればピッチショット
  • 体の真ん中にセットすればピッチエンドラン
  • 右足前にセットすればランニング
2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930